プレイハウス

密会

 2人が寝室へ向かうのを見送ったキンスは、空になったグラスをトレーに載せて、再度キッチンへと向かった。
 蛇口を捻ると水が湧き出る。スポンジに洗剤を含ませて洗い上げた頃、階段から降りてくる気配に気付いた。

「おかえりなさい、ヴァン」

 顔を向けずに背中で声をかけ、水を止める。乾燥用の網棚に2つのグラスを載せた。

「ああ。おもしれーなアイツ。お月様が綺麗だからーって、一番端のベッドで寝るって言ってたんだけど」

 クスクスと含むような笑い声に気付き、振り返る。椅子どころか無作法にテーブルに腰掛け、やはりヴァンは歯を見せてニヤニヤ笑っていた。

「そこはいつもキンスが使ってる、って言ったら、じゃあその隣に寝る!ってさ。好かれてんねぇ、何したの?」
「何も。座るなら椅子に座りなさい。あとそのニヤケ面は不快だから早く引っ込めて」

 言ったところで聞くヴァンではないのは重々承知だ。硬いこと言うなって、と言いながら尚ニヤニヤ笑っている。

 見かねて1つため息をつくと、そのニヤケ面に向けて片手を翳す。つい、と人差し指を立てその手を軽く挙げると、呼応するかのようにヴァンの身体が宙に浮いた。

「うお」
「食卓は座るところじゃないわよ」

 言いながらその手を下ろす。ヴァンの身体も降下し、4脚ある椅子の1つに落ち着いた。隠しもせずにため息を再度つき、その向かいにキンスも座る。

「そんな話をするために起きているわけじゃないわ」
「分かってるって。いやしかし、思い切ったことするもんだな、お前」

 こちらの不機嫌を察したのだろう。ヴァンもすぐに話題を切り替えた。何のことだか、としらばっくれるつもりもなくその続きに耳を傾ける。

「まさか自ら城に出向いてるとは思わなかったぜ。見張りの兵とかいたんじゃねぇの?」
「そんなものが脅威でないことは貴方もよく知っているでしょうに」
「ああ……まあそっか」

 確かにな、と口の中で言いながら、ヴァンは頭を掻いている。抜けているのか何なのか。

「咎められるものと思っていたけれど」

 そんな様子を見ながら、率直に本心を述べてみた。表面は無表情を取り繕うが、内心少しヒヤヒヤとしていた。

「咎める?俺が?」

 対するヴァンはよく分からないような様子でポカンとしている。が、

「それって、俺に黙って王子に会いに行ってたこと?それとも、これも俺に黙って王子を連れてきたこと?」

 食えないやつだ、と思った。態度こそ飄々としてはいるが、やはり少しはお怒りのようだった。
 そうね、と小さく呟いて、キンスは目を伏せた。

「どちらも、かしら」
「はは、今日のキンスは正直だな。たまに素直だと気味が悪ぃぞ」
「はぐらかさないで」

 語気に不機嫌を込めるも、今度は気にしない様子でヴァンはケラケラ笑う。

「別に咎めやしねぇよ。まあ驚きはしたけど。ちゃんと上手くやっただろ?」

 それは、対面時の対応について言っているのだろう。確かに、それについては賞賛に値するものだったと思う。

「まあ、そもそも王子の存在を私に伝えたのは貴方だもの。私が咎められる筋でもないわね」
「へ?」

 試すように零した言葉への相手の反応に、やれやれと肩を竦める。まさかとは思っていたが、本当に忘れているとは。
Copyright (c) 2017 mello All rights reserved.
 

powered by HTML DWARF