プレイハウス

明日の約束

「えっと……、お邪魔してます」
「いいっていいって、気ィ遣わなくっても!」

 明るくそう言って立ち上がる少年。軽く伸びをして、食卓へ向かうその背中を追いかけた。

「俺はヴァン。あんたは?」
「あ、ぼくはココだよ」
「ふーん、ココな。ヨロシク」
「うん、よろしくっ」

 木でできた小ぶりなテーブルに、同じく小ぶりな椅子。そのうち一つに座ると、ココにも座るように促した。素直に相手の対面に着席すると、にやにやした視線が真っ直ぐに飛んできた。

「キンスとはどこで知り合ったの?」
「あ、ぼく、お城に住んでて……キンスが遊びに来てくれたんだ」
「お城、って」

 その言葉を聞くや否や、目を丸くするヴァン。その視線がキッチンの方に向くが、キンスは素知らぬ顔でグラスに飲み物を注いでいる。

「もしかしなくても、王子様?」
「うんっ!あ、でもそんな凄いものでもないんだよっ」
「いやいやすげぇって!え、こんな夜に出歩いて大丈夫なのか?」
「え、それは……」

 何と返すべきか言い淀んでいると、トレーにグラスを載せたキンスが戻ってきた。縋るように視線を向けると、

「ヴァン。ココが困っているでしょう。その辺にしてあげて」
「へいへい――、っと。あれ、俺の分は?」
「客人じゃないんだから自分で用意しなさい」
「冷てぇ」

 言いながら、ココの前にはグラスが1つ運ばれる。トレーの上にはあと1つ、それはキンスの分のグラスのようだ。本当にヴァンの分はないようだ。

「夜遅くになったことについては問題ないわ。ちゃんと連絡もしてあるから」
(書き置きだけど……)

 キンスのフォローに心の中だけでそう返して、一先ず出されたグラスに口をつける。液体は透明だが、僅かに柑橘の香りがする。口に含むと、ほんのりとしたレモンの風味が心地よかった。

「暫くこの子はここに泊めるわ。文句はないでしょう?」
「ああ、構わねぇぜ。こんな暗くて何もない森でよければ」
「ううんっ、そんなことないよ!ありがとう、ヴァン!」

 お礼とともに、心からの笑顔が零れた。
 やっぱり変な人ではなさそうだ。明るくて、面白い。ああやって軽口を言い合っているキンスも初めて見た。それだけで、ここに来てよかったと思えるのだった。

「あ、でもヴァン寝てたんだよねっ。ごめんね、起こして」
「ああ、気にすんな気にすんな」
「そうよ。どうせ昼間たっぷり寝ているんだから」
「はは、ご名答」

 苦笑いでキンスの言葉に返すと、しかし、とヴァンは窓の外へ視線を向けた。

「もういい時間だし、ここまで来るのに疲れただろ?夜の森は何もすることねぇんだ。早く寝て、明日一緒に探索しようぜ」
「探索……。いいのっ?」
「おう。とっておきの場所、教えてやる」

 そう言って、ニカッと歯を見せた。ココがグラスを空にしたのを見届けたのか立ち上がり、

「じゃあ、寝室はこっち。ベッドたくさんあるから、好きなの使ってくれな。お城のベッドには劣るかもしんねぇけど、寝心地はいいぜ」

 奥の階段を指した。案内してくれるようだ。

「キンスはまだ寝ないの?」
「ええ、私は少しやることがあるから。すぐに行くわ」
「そっか……。じゃあ、お先に、おやすみなさいっ」

 ココも立ち上がりつつ、キンスとそう言葉を交わすと、ぺこりと頭を下げた。

「ヴァンも、ありがとね」
「いいっていいって、気にすんな」

 朗らかにそう言うヴァンの案内で、寝室へと至る階段を上る。

(明日は森を探索かぁ……)

 いい天気だといいな、と思う。でも、もし雨が降っても、キンスやヴァンとおしゃべりをしていればいいのだ。
 お城とは違う。1人じゃない。そう思うだけで、心が弾むのをしっかりと感じていた。
Copyright (c) 2017 mello All rights reserved.
 

powered by HTML DWARF